元AKB48・チーム8の舞木香純の現在は?グループ時代の画像なども紹介!
AKB48の元メンバーでチーム8として活躍していた舞木香純さん。福島県出身の彼女は東北大震災で被災しながらも、トップアイドルを目指してひたむきに頑張る姿がファンを魅了しました。現在はどのような活動をしているのでしょうか?

更新: 2018/8/6

舞木香純さんのプロフィール

舞木香純さんは1997年4月28日に生まれ、2014年4月にAKB48のチーム8のメンバーとしてお披露目が行われた後、同年8月にはチーム8 1st Stage「PARTYがはじまるよ」で公演デビューを果たしました。

2017年11月には自身の誕生祭においてAKB48からの卒業を発表し、2018年2月に卒業公演が行われ、同月の「第3回いいね地方の暮らしフェア」のスペシャルサポーターを務めたのを最後にAKB48としての活動を惜しまれつつも終了しました。

舞木香純さんの人柄と性格

舞木香純さんは、さまざまなインタビューなどで自らの性格を負けず嫌いだと公言しています。

小学校2年生から9年間バレーボールのセッターを務めてきた舞木香純さんですが、最初はボールが怖かったもののだんだんと負けず嫌いの気持ちが身についてきたと語っています。

舞木香純さんの出身地や通っていた中学や高校、大学について

舞木香純さんは福島県双葉郡広野町の出身で地元の広野中学に通っていましたが、中学1年の頃に2011年の東日本大震災に被災し避難を余儀なくされました。

その後の中学や高校は公表されていませんが、インタビューでは高校1年までは大学進学を考えていたが、AKB48のオーディションに合格してからアイドル活動に専念したいという気持ちに変わったと語ったことがあります。

AKB48を卒業した現在は、新たな夢のために東京都内の専門学校に通っているという一部情報もあります。
次ページ:
舞木香純さんの彼氏や熱愛についてなど
1 / 4

AKB48に関連する記事

人気タグ

新着記事