【乃木坂46】生田絵梨花|いくちゃんのミュージカルにかける熱い想いとは
若い女性を中心に、圧倒的な人気を誇っている乃木坂46の生田絵梨花さん。この記事では、生田さんがアイドルになるきっかけとなった出来事や、生田さんが追い続けている「ミュージカル」の夢についてご紹介しています。

更新: 2018/5/17

生田絵梨花さんのプロフィールは?

生田絵梨花さんは1997年1月22日生まれで、ドイツのデュッセルドルフで生まれ、5歳から東京で育っています。身長は160cmで、乃木坂46の中では比較的身長は高い方です。ニックネームは、「いくちゃん」「いくたどん」「えりか」です。

生田絵梨花さんというと、ピアノがとても上手ですが、ピアノを始めたのは3歳の頃で、先に習い始めていたお姉さんから影響を受け、4歳から本格的なピアノ教育を受け始めました。

小学生の時に、ミュージカル「アニー」を鑑賞したことで舞台女優を目指し、2007年には『ココ・スマイル5~明日へのロックンロール~』で、初舞台を踏んでいます。

中学生になると、様々な習い事もしており、月曜日は数学・火曜日はクラシックバレエ・水曜日は書道・木曜日は英語・土曜日はピアノ・日曜日はクラシックバレエ、と、ほぼ一週間行っていました。

こうした努力が実り、生田絵梨花さんはこれまでに実用英語技能検定2級・日本漢字能力検定準2級・実用数学技能検定3級・書道検定準7段・書画展で金賞受賞など、数々の輝かしい実績と資格を持っています。

中学3年生の時、父親からグランドピアノを買ってもらったことで、将来は音楽の道に進みたいという思いが更に強くなり、その時に丁度、乃木坂46の1期生オーディションを行っていることを知り、母に了承を得て応募しました。

そして合格し、晴れて乃木坂461期生となり、今もなお現メンバーとしてアイドルもやりつつ、小さい頃からの夢であった、ミュージカルにも挑戦するなど、幅広い活躍をしています。

生田絵梨花さんがミュージカル舞台にかける強く熱い思い

生田絵梨花さんが乃木坂46に入ったのは、アイドルになりたかったというよりも、ステージで歌うというミュージカルとの共通点があったことから、ミュージカル女優になるためのステップとして、乃木坂46に入ったのです。

これは、本人もインタービューで答えており、「ミュージカル女優になることが、一番大きい夢です。アイドルとして様々なことをやってきましたが、それでも将来やりたいのはミュージカルです。

小学生の時に『アニー』を観てから舞台に惹きつけられ、その気持ちは今もなお変わっていません。これからもずっと目標にしていきたいと思っています」と答えています。

人気アイドルグループに所属していれば、ミュージカル女優も簡単になれるような気がしますが、生田絵梨花さんはどのミュージカルにおいても、他の役者さん同様にオーディションを受け、合格を勝ち取り舞台に立っているのです。

また、プライベートでも様々なミュージカルを観劇しており、その感想などをブログに綴ったりもしています。こうしたことからも、生田絵梨花さんがミュージカルを心から愛しており、自らもその舞台に立ちたいという強い思いを感じます。

2017年は生田絵梨花さんはミュージカル女優としても大活躍!

生田絵梨花さんにとっての2017年は、ミュージカル女優として飛躍した年であった、と言っても過言ではありません。

それは、「ロミオとジュリエット」と「レ・ミゼラブル」という、非常に有名なミュージカル2作品に出演しており、「ロミオとジュリエット」では、ジュリエット役を、また、「レ・ミゼラブル」ではコゼット役を、自らオーディションを受けて勝ち取ったのです。

オーディションの審査は非常に厳しく、一次・二次・三次審査を通過しないと合格できない、狭き門なのです。

特に、2013年の「レ・ミゼラブル」のオーディションには、約1万5000人の応募があったとされており、更に今回の「レ・ミゼラブル」は、30周年という節目に当たる公演でもあることから、応募総数は更に増加していたことも考えられます。

こうしたことから、ミュージカルのオーディションを受けることが、どれほど大変なことであるかが分かります。

そして、生田絵梨花さんが自らオーディションを受け、自分の力でコゼット役を勝ち取ったことで、ミュージカル女優としても認められたということでもあるのです。
次ページ:
生田絵梨花さんが第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞など
1 / 2

生田絵梨花に関連する記事

舞台に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事