【乃木坂46】生田絵梨花が超かわいい!天然だけど努力家ないくちゃんまとめ
若い世代を中心に大人気の乃木坂46・生田絵梨花さん。こちらの記事では、生田さんの可愛らしい一面を中心に、内に秘めた強さや信念など、生田さんの人間性に迫りました。生田さんを知ることで、女性アイドルの見方も変わるのではないでしょうか?

更新: 2018/5/20

頑張り屋さんの生田絵梨花さん!

中学生にして乃木坂46の第1期生オーディションに合格し、その多忙なアイドルという環境に身を置いてきた生田絵梨花さんですが、現在は音楽大学へ進学しています。大学進学のための準備期間として、9thシングルのあたりに一時活動を休止していた時期がありました。

それほどまでに、学業に対しても真摯に向き合っている生田絵梨花さんですが、グループとしての活動に加え、近年はドラマ出演や舞台、洋画の吹き替えなど、様々な場面へと活躍の場を広げていることもあり、多忙な時は、仕事後に約1時間の仮眠を取り、栄養ドリンクを飲んで大学に通う、という生活を送っていたと言います。

彼女自身が音楽に携わる仕事がしたい、と選んだ道ですが、アイドル業にも決して手を抜かずに笑顔を振りまき、握手会でもファンに温かな対応をしてくれる生田絵梨花さんには、本当に頭が下がります。

これらのエピソードを知れば、アイドルと学業の両立を完璧に果たし、さらに女優業への夢を叶えるべく努力する姿を、かわいいと思うとともに、どこか尊敬のまなざしを向けることになるでしょう。

舞台女優への夢を叶えた生田絵梨花さん

幼少期に舞台「アニー」を観劇して以来、生田絵梨花さんの将来の夢は、舞台女優になることだったそうです。その夢はアイドルとして活動している今、着実に叶えられています。

乃木坂46メンバーで行う舞台公演「16人のプリンシパル」では、ファンの投票により、全9公演のうち、6公演でアリス役に選ばれ、これを熱演しました。その後、テレビドラマ出演、洋画の日本語吹替などの経験を重ね、やがてミュージカルや舞台での主役に抜擢される女優になりました。

「ロミオとジュリエット」、「レ・ミゼラブル」といった、有名タイトルの主演にも抜擢され、その好演が光り、2017年には「岩谷時子賞奨励賞」を獲得します。この年は、まさに飛躍の年となり、確実に実力をつけてきた生田絵梨花さんは、ついに乃木坂46で初のソロコンサートを開催するまでに成長したのです。

観客席で舞台を遠く眺めていた少女が、舞台の中央でスポットライトを浴び歌う姿に至るまでに刻んだ、血のにじむような努力を考えれば、夢を追いかけることの素晴らしさと困難さについてもう一度深く考えることになるでしょう。

生田絵梨花さんはかわいい、だけじゃない努力の人

すっかり身内からの暴露もあって生田絵梨花さんの評価はお嬢様、であるとか天才、というものから変人という風に変わってきています。しかし、ただ容姿が優れているだけではなく、ダンスや歌、演技など広い分野で活躍し、多芸多才を売りにできるほどの努力と経験値が彼女の後ろにはあることを我々は舞台の上に立つ姿を見て感じるのでしょう。その姿に、温かな握手会での対応に、あるいは稀に見せる抜けた横顔に心打たれたファンは惜しみのない賛辞を彼女に向かって送ります。かわいい、と精一杯に彼女を応援するのです。
2 / 2

生田絵梨花に関連する記事

かわいいに関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事