【現在】深川麻衣は舞台で女優として活躍中!初主演舞台SKIPでは圧巻の演技を披露
若い女性を中心に人気急上昇中の乃木坂46・元メンバーの深川麻衣さん。こちらの記事では、乃木坂46を卒業後、深川さんが歩んでいる舞台女優としての一面を中心に、まとめてご紹介していますので、ぜひご覧ください!

更新: 2018/5/17

深川麻衣さんは現在舞台を始め女優業に専念

 深川麻衣さんは、乃木坂46年を卒業してからまだ数年しか経っていませんが、確実に演技の仕事を少しずつ増やしてきており、女優業のオファーも舞い込んできています。

 ラジオドラマの「ピンザの島」、テレビドラマの「恋愛白書10」や、「初森ばまーず」、「プリンセスメゾン」などにも出演されていますので、一歩ずつですが、アイドルというイメージから脱却し、女優としてのイメージが定着しつつあるのでしょう。これは、乃木坂46で手に入れた名声と知名度のおかげかもしれませんが、深川麻衣さんは自分の実力で仕事を勝ち取ることが出来たのかもしれません。

 深川麻衣さんが女優の仕事を選んだのは生半可な気持ちではありませんでした。その証拠に、多くの俳優陣を世に送り出している事務所に新たに移籍し、舞台女優になるための修行をされています。

 ここまでの行動は、中途半端な気持ちでは決してできるわけもなく、本気で自分のやりたいことを見つけ、新しい世界に挑戦したい、という強い思いがあるからこそだと言えます。ただのアイドルではなく、個性のある女優として今後の活躍がますます楽しみな深川麻衣さんです。

深川麻衣さん主演舞台「ふじ子の恋」について

 深川麻衣さんの舞台作品の、代表作として挙げることができるのは「ふじ子の恋」です。この物語は、厳冬の北海道で起こった、列車事故を元にして描かれた、「塩狩峠」という小説を元にしています。

 映画化にもされており、この小説を、ヒロインのふじ子目線で、新たにリバイバルしたのが、「ふじ子の恋」という舞台作品です。ストーリーは、病弱なふじ子には思い人がおり、相手は兄の友人で、結婚の約束まで果たします。離れて暮らすふじ子の元に信夫が向かうものの、列車の連結器が外れてしまい、客車が暴走し始めます。暴走し始めた客車を止めるべく、信夫は線路に身を投げ出して、列車を止めようとする話です。

 主演女優は深川麻衣さんで、生演奏の音楽をバックに、歌や朗読を披露します。生演奏はとても豪華で、一流の音楽家が担当していることでも話題になっています。ピアノ演奏は野瀬珠美さん、チェロ演奏は林峰男さんです。

 深川麻衣さんは、朗読劇に初挑戦だったのですが、彼女ならではの独特の世界観を堪能できる作品に仕上がっているようです。デザインプロデュースも深川麻衣さんが手がけるので、ファンは見逃せない舞台になるのではないでしょうか。

深川麻衣さんは今後舞台を始め女優としての活躍が楽しみ

深川麻衣さんは、乃木坂46の元メンバーの静岡県出身で、人気絶頂期に乃木坂46を卒業しました。
 
  グループを卒業後、女優になるために事務所を移籍し、初舞台は北村薫作の「SKIP」で主演女優をし、高評価を得ました。少しずつですが、ラジオドラマやテレビドラマなどの仕事も増えてきていますので、女優としての活躍の場を広げていくことでしょう。

 さらに、現在公開されている「ふじ子の恋」にも主演されています。卒業後のインタビューでも、「これからは地に足をつけていくような女優になりたい」、とコメントしており、演技の稽古にもいそしんでいますので、今後は女優としての活躍が楽しみでしょう。
2 / 2

深川麻衣に関連する記事

舞台に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事