【現在】深川麻衣は舞台で女優として活躍中!初主演舞台SKIPでは圧巻の演技を披露
若い女性を中心に人気急上昇中の乃木坂46・元メンバーの深川麻衣さん。こちらの記事では、乃木坂46を卒業後、深川さんが歩んでいる舞台女優としての一面を中心に、まとめてご紹介していますので、ぜひご覧ください!

更新: 2018/5/17

深川麻衣さんのプロフィールは?

 深川麻衣さんは、乃木坂46を卒業後、舞台女優として活躍されています。
乃木坂46の元メンバーである深川麻衣さんは、テンカラットに所属しており、テンカラットのサイトにも所属女優と掲載されています。

 深川麻衣さんの主なプロフィールは、次の通りです。1991年3月29日生まれの静岡県出身で、身長は162cm、血液型はO型です。2011年から2016年まで乃木坂46で活動しており、卒業後はコマーシャルや写真集、ドラマや舞台などで活躍されています。

 最近では、初めての映画に主演されていますので、今後の活躍が楽しみでしょう。
卒業後は舞台を中心とした仕事をされており、主な作品には「スキップ」、「ふじ子の恋」があります。

 舞台女優として活躍する目的を果たすため、深川麻衣さんはアイドル卒業後、相当な努力をされました。女優になるためにテンカラットの社長さんと直接会い、自分のやりたい演技の仕事をするために、事務所に入ることができました。

 この社長さんに話を聞いてもらうまでに、沢山の人の協力があったそうです。事務所に入ってからは、ワークショップに通い、演技の勉強を新たに始めたため、役者としての再スタートは25歳の時からでした。

深川麻衣さん卒業後の初舞台作品は「SKIP」

 深川麻衣さんの、卒業後初めての舞台は「SKIP」という作品です。この作品の原作は、直木賞作家でもある北村薫さんの小説になります。

 あらすじは、17歳の高校二年生の女の子がうたた寝をし、目が覚めると42歳の高校教師になっていた、というストーリーです。いきなり25年の歳月が流れている中で、元の時間に戻れるまで、42歳の自分として生きていこうとする少女を熱演しました。

 深川麻衣さんはWキャストで、17歳の女子高生役と、スキップ後の自分の娘でもある、17歳の女子高校生役を演じました。深川麻衣さんの清楚なイメージと、舞台の役どころが重なり合い、舞台は多くの方に高評価されました。

 人気アイドルグループの乃木坂46元メンバーである深川麻衣さんの初舞台、ということもあり、芸能雑誌やスポーツ新聞などが、初舞台に出ることを一面に取り上げるほど、話題になりました。

 舞台初出演でいきなりの主役でしたが、見ごたえのある作品となっており、アイドル卒業後は相当頑張って、稽古をされたことを伺わせます。初出演ながら見ごたえのある舞台でしたので、今後の舞台も期待することが出来るでしょう。

深川麻衣さんは舞台などで演技が引きつけられる女優になるのが夢

 深川麻衣さんは、乃木坂46卒業後のインタビューで、「乃木坂46のメンバーの時は、メンバーと一緒に仕事をすることでいつも安心感がありましたが、卒業後は1人で現場で立ち向かっていなければならないので、緊張感のある毎日を過ごすと思います」、とコメントしています。

 舞台女優になったことに対する質問では、「舞台映えするわけでも、華があるわけでもないけれど、自分の演技が引きつけられる、と観客に思われる女優になりたい」と、答えていました。

 元乃木坂46の卒業メンバーということで、女優業で足を引っ張られる心配はないか、という質問に対しては、「乃木坂46のイメージが強く残っていると思いますが、将来的には女優をしているけれど、実はアイドルグループにいたんだ、と、逆に思ってもらえるように頑張りたい」とコメントしていました。

 深川麻衣さんの、現在のプロフィールには、元乃木坂46のメンバーであったことが一番に書かれており、現在も、舞台や映画のパンフレットの紹介欄に真っ先に書かれていますが、今後、女優としての頭角を現して来る頃には、真っ先に「女優」という肩書がついてくるのではないでしょうか。
次ページ:
深川麻衣さんは現在舞台を始め女優業に専念など
1 / 2

深川麻衣に関連する記事

舞台に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事