2018年05月16日
2018年05月16日
| 乃木坂46

【驚き】中田花奈はバトン部で全国優勝した過去が?意外な部活の珍規則も

乃木坂46の中田花奈さんは、乃木坂46の中でもダンスが得意なメンバーとして知られています。幼い頃からバレエを習い、乃木坂46に加入する前までにバトントワリングやヒップホップダンスなどの経験を持つかなりんのことについて調べてみました。

目次

中田花奈さんのプロフィールは?

中田花奈さんは埼玉県出身の1994年8月6日生まれのA型です。身長は公式サイトでは158cmと公表されています。

かなりんの愛称で親しまれています。キャッチコピーは「上から読んでも下から読んでもなかだかな」と言っており回文になる名前ってすごいですよね。

中田花奈さんは中学時代バトントワリング部にうちこんでいた

まだ乃木坂46になる前、普通の女の子だった中田花奈さん。女子校に通学していたそうですが、中学生の頃にはバトントワリング部に入部していたそうです。

中田花奈さんが在学中にはなんと全国大会で金賞を受賞したこともあるとのことで、当時は一所懸命部活に励んでいたのでしょうね。テレビ番組でも自身の特技として披露していました。

バトントワリングとは?

バトントワリングとは、チアリーディングやバレエ、新体操にバトンを組み合わせたような競技との事で、そのパフォーマンスはとても難しそうなのが伝わってきます。チームプレーともなると、なおさら大変そうです。

中田花奈さんのバトン部時代のエピソード

以前出演した映画の試写会舞台挨拶では、そんなバトン部時代のエピソードについて、「全国大会で金賞をとったのが思い出です。みんなで泣いたあの光景は一生忘れません。」と語っています。

また、部内では「先輩1人だけの連絡先を聞ける」という不思議な規則があったそうです。

確かに、どんな部活もひとつは伝統的な変なルールってありますよね。

中田は「私の学校は上下関係が厳しかったんですけど、憧れは常にあったので、先輩に憧れるっていうのが部活ならでは思い出」と学生時代を振り返る。女子校に通っていた中田は、中学時代、バトントワリング部に所属していたそうで「先輩1人だけに連絡先を聞けるという変な部則があった」と明かすと、西野らから「ええ?1人だけ?」と驚きの声。 「文化祭の時に(連絡先を)聞きに行くっていうのがあって、バレンタインも憧れの先輩1人だけにチョコを渡せるという謎の部則がありました」と懐かしんでいた。

中田花奈さんはバトン以外にもバレエやヒップホップが得意

学生時代はバトンに熱中していた中田花奈さんですが、3才から中学生になるまではバレエをならっていたそう。
また、高校生時代はヒップホップダンスをやるなど、ダンスが大好きなようです。
小さい頃からバレエをやっていたからこそ、バトン部でも活躍できたのでしょうね。

中田花奈さんの今後に期待!

1期生として当初から乃木坂46の活躍を支えてきた中田花奈さん。最近では乃木坂46の17枚目シングル「インフルエンサー」で3年半ぶりに選抜入りを果たすなど人気急上昇中です。

憧れだったアイドルになってからは、よりファンの人に楽しんでもらえるよう自身のパフォーマンスを考えて踊っているという努力家な一面もあるようです。

幼少時代から培ったダンススキルとバトン部時代の経験を生かして、今後もさらに頑張っていってほしいですね!

中田花奈に関連する記事

乃木坂46に関連する記事