2018年05月14日
2018年05月14日
| 欅坂46

ずーみんのソロ曲まとめ!今後の今泉佑唯のソロ活動にも要注目!【動画あり】

グループでもひと握りのメンバーしか与えられないソロ曲を2曲も持っており、欅坂46の歌姫とも言われる今泉佑唯さん。突然の活動休止など困難を乗り越えた彼女が歌う歌声やその姿は、たくさんの人を魅了します。今回は、そんな彼女の魅力に迫ります。

目次

今泉佑唯さんのプロフィールは?

今泉佑唯さんは神奈川県の出身であり、平成10年1998年9月30日生まれです。身長は153センチと小さく、現メンバーの中では下から2番目となっています。ニックネームはずーみんと呼ばれることが多く、血液型はO型です。

今泉佑唯さん最初のソロ曲「再生する細胞」

今泉佑唯さんにとって最初のソロ曲は5枚目のシングルに収録された、「再生する細胞」という曲です。

今泉佑唯さんはこのシングルの発売前に休養しており、休養明け最初のシングルでした。表題曲ではポジションを下げた分、ソロ曲が与えられた格好です。





アルバムに収録された今泉佑唯さんのソロ曲

欅坂46が出したアルバムでも今泉佑唯さんにはソロ曲が与えられています。タイトルは「夏の花は向日葵だけじゃない」です。

今泉佑唯さんのために書いた曲であり、その歌詞やメロディの評判が非常に高く、神曲と称されています。









欅坂46でソロ曲が与えられているのは数人

欅坂46の中でソロ曲が与えられている人は少なく、今泉佑唯さん以外では数人程度です。休養などはありましたが、変わらず評価され続けており、いかに期待が高いかがわかります。今後も今泉佑唯さんにソロ曲が与えられる可能性は高いです。





今泉佑唯さんの個性が生きるソロ曲

ソロ曲はいずれも今泉佑唯さんの姿や目指すべき道を歌を通じて示されているような、そんな感じの曲が多いです。

また今泉佑唯さんだけでなく、同じ境遇で悩んでいるであろう人にも向けられており、歌詞が心に刺さる人は多く、今泉佑唯さんの個性を表現したものが中心です。







ゆいちゃんずで歌うことも多い!

今泉佑唯さんは小林由依さんと一緒にゆいちゃんずというペアで活動することが多く、過去のシングルでは何回もゆいちゃんず名義の曲を与えられています。

また音楽番組でもゆいちゃんずのWセンターで歌うことが多く、かなり期待されています。







今泉佑唯さんのソロ曲にこれからも期待!

欅坂46はそもそも闇を抱えたような曲が多く、アップテンポな曲はさほど多くありません。

バラード系なども多い一方で、アイドルらしい、笑顔が似合う曲も期待したい部分です。今泉佑唯さんへのソロ曲に関してもそれは同じであり、ブログなどで見せる笑顔はとても可愛らしく、こうした笑顔が似合う曲も歌ってくれると嬉しいですね!



今泉佑唯に関連する記事

欅坂46に関連する記事