2018年05月16日
2018年05月16日
| 乃木坂46

【調査】橋本奈々未の腰痛は重症だった?卒業の理由とも関係あるとの噂が

橋本奈々未さんは乃木坂46の元メンバーです。2017年2月20日自身の誕生日にグループから卒業し、芸能界からも引退しました。その理由の一つとして持病の腰痛ではないかという憶測が流れました。今回は橋本奈々未さんの腰痛について調査してみました。

目次

橋本奈々未さんのプロフィールは?

橋本奈々未さんは乃木坂46卒業メンバーでニックネームは「ななみん」です。

生年月日は1993年2月20日で出身地は北海道旭川市で身長は163センチメートル、血液型はB型でデビューは2011年で2015年には人気ファッション雑誌の専属モデルにも起用されていました。

橋本奈々未さんは腰痛と戦いながらアイドルをやっていた

橋本奈々未さんが惜しまれつつも比較的早い時期に乃木坂46を卒業してしまったのは腰痛が原因とささやかれていますが、腰が痛む病気の中でも特に激痛に見舞われやすいヘルニアが原因だったためと言われています。

以前から腰に不安を抱えていたとも言われ、ダンスで悪化したのではと推測もされました。





橋本奈々未さんは腰痛をクールさをでごまかしていた?

卒業前は乃木坂46きってのクールビューティーと言われていた橋本奈々未さんのクールさは、腰痛をはじめアナフィラキシー症状が出てしまうほどのアレルギー疾患を抱えるなど健康上の負担が大きかったといわれていました。

かげりのある表情がクールな雰囲気を漂わせることになったとも言われます。





橋本奈々未さんの腰痛の症状はどんなの?

橋本奈々未さんの乃木坂46卒業を早めたとも言われる腰の痛みを引き起こしたヘルニアは腰痛の中でも特に強烈な激痛に見舞われるとされ、少しの振動でも脳天まで痛みが走ると表現されているほどです。

そのヘルニアに耐えて芸能活動をこなしていたプロ意識には頭が下がります。





橋本奈々未さんは腰痛がなければアイドルを続けていた?

橋本奈々未さんの乃木坂46卒業を惜しむファンすべてが何とか腰痛を治して活動を続けて欲しかったと願っていたはずです。

しかし、腰に激痛をもたらす腰椎椎間板ヘルニアの治療方法は一般的に保存療法と手術療法の2つで、どちらを選んでもアイドルとしての活動は継続しにくかったと考えられています。





橋本奈々未さんの腰痛を心配する声が上がっていた

健康上の理由が最も大きな理由だったと推測されることから、乃木坂46卒業メンバーのその後について語られる際も橋本奈々未さんの体調を心配するファンの声は止まりませんでした。

せめて日常生活は問題なく送れるほどには腰痛が治って欲しいと願うファンの声が多く上がりました。





橋本奈々未さんの復活を諦めないファンも多いです!

乃木坂46卒業メンバーとなった橋本奈々未さんは現在芸能界からも退き、腰痛解消のため本格的なヘルニア治療に専念しているとも推測されています。

腰痛治療は症状によっては長くかかる上、再発しやすいケースもあることから芸能界への再デビューを果たしたとしても、橋本奈々未さんには身体に極端な負担をかけない活動をしてもらいたいと考えているファンが数多く存在します。

彼女のクールな美しさに魅了され引退後にファンになった人も少なくないだけに、橋本奈々未さんの早期の健康回復を祈るばかりです。





橋本奈々未に関連する記事

乃木坂46に関連する記事