2018年04月29日
2018年04月29日
| 乃木坂46

西野七瀬の全ソロ曲まとめ!実は乃木坂46でソロ曲が一番多いなぁちゃん

乃木坂46の西野七瀬さんはセンターの経験が豊富ですが、ソロ曲では現メンバーでも一番多く持ち歌があります。毎年のバースデーライブではすべての曲が披露され、その際には会場全体が西野さんの歌声に注目します。

目次

西野七瀬さんのプロフィールは?

西野七瀬さんは乃木坂46の現メンバーです。1期生オーディションに合格した乃木坂46の初期メンバーです。
1994年5月25日生まれの23歳で、身長159センチの血液型はO型です。なぁちゃんのニックネームで親しまれています。

西野七瀬さんのソロ曲はファンにとって神曲ばかり!

西野七瀬さんはこれまで5つのソロ曲を発表しています。まず最初にソロ曲「ひとりよがり」を発表しました。その後「ごめんねずっと」ともう「少しの夢」、「釣り堀」、「光合成希望」と立て続けに制作発表しました。乃木坂46のメンバーでもソロとしてはダントツの回数です。





西野七瀬さんの初のソロ曲「ひとりよがり」は自然と涙が出る

西野七瀬さんの初めてのソロ曲、「ひとりよがり」は乃木坂46の1作目のアルバム、「透明な色」に収録されている楽曲です。
とても切ない泣けるようなバラードナンバーの曲で、西野七瀬さんの美しくも優しい声とマッチして、聞いていると涙が出てきます。





西野七瀬さんの二曲目のソロ曲「ごめんねずっと」はPVがかわいい!

西野七瀬さんのソロとして2作目の作品「ごめんねずっと」は、乃木坂46の11枚目の「シングル命は美しい」に収録されています。
「ごめんねずっと」のソロ曲pvは乃木坂ってどこのテレビ番組でもオンエアされて、大きな話題を生みました。 





西野七瀬さんの三曲目のソロ曲「もう少しの夢」は前向きソング

西野七瀬さんの3作目のソロ曲「もう少しの夢」は、乃木坂46の12枚目のシングル太陽ノックに収録されました。もっと強くなりたいという前向きの歌詞で、西野七瀬さんの感情が歌を通して伝わってくるバラードナンバーに仕上がっています。





西野七瀬さんの4曲目のソロ曲「釣り堀」は切ないバラード

西野七瀬さんのソロとして4作目の作品「釣り堀」は、ユニークな曲名とは裏腹に、切ないバラードナンバーの1曲に出来上がっています。「釣り堀」に限らず、西野七瀬さんのソロにはバラードの曲の切ない感じの曲が多くなっています。



西野七瀬さんソロ曲はどれも素晴らしい!

西野七瀬さんは乃木坂46のセンターも務める人気メンバーです。そして乃木坂46のメンバーで最多となる5作のソロ曲を発表していて、歌にも定評がある実力派のメンバーでもあります。

最初のソロ曲「ひとりよがり」から始まり、「ごめんねずっと」、「もう少しの夢」、「釣り堀」、「光合成希望」を発表しました。

西野七瀬さんのソロ曲には、切ないバラードナンバーの曲が多い特徴があります。美しく優しい声の西野七瀬さんの歌にピッタリの曲ばかりになっています。





西野七瀬に関連する記事

乃木坂46に関連する記事