2018年04月01日
2018年04月01日
| 乃木坂46

齋藤飛鳥のドラムのうまさはプロ級?ライブで披露するテクニックがすごいと話題!

乃木坂46の一期生齋藤飛鳥さんは、乃木坂と氣志團の対バン企画のために結成された「乃木團」というバンドでドラムを担当しています。素人で叩き方もままならなかった彼女は、練習を積み重ねていくうちにどんどんと頭角を現します。ぜひご覧ください。

目次

齋藤飛鳥さんのプロフィールは?

トピック300/要素9796

P!NG竓ソ竅エ竅カ on Twitter: "So Hotttttt  #鮨玖陸鬟幃ウ・ #asukamail窶ヲ "

齋藤飛鳥さんは、乃木坂46のメンバーとしてあしゅやあしゅりんというニックネームでファンから呼ばれています。生年月日は1998年8月10日で、現メンバーの中で最年少となっています。血液型はO型、東京都出身の158センチの小柄な女の子です。

齋藤飛鳥さんは乃木團の一員としてドラムを開始

齋藤飛鳥さんは氣志團との対バンライブをするため、乃木團のメンバーに選ばれました。ドラムの練習は激しい物でしたが、初日の2日を風邪で休んで遅れをとりましたが、実際に練習が始まるとその才能が開花していきました。





齋藤飛鳥さんのドラムテクニックはプロ級?

齋藤飛鳥さんのドラムがすごいといっても、なかなか普通の人には理解できません。細い体から音を出すために、ヒールアップ奏法という方法を使っています。足首ではなく足全体を持ち上げてペダルを踏むことで、パワーを出す方法ですが、コントロールが難しくなってしまう面がある方法です。





齋藤飛鳥さんはダウンアップ奏法でドラムを叩く

通常ドラムは叩くことで音を出しますが、齋藤飛鳥さんはダウンアップ奏法を使っています。この方法はスティックを振り下ろすときに1回、さらに振り上げるときにもう1回叩くというテクニックで手首のスナップが求められます。

齋藤飛鳥さんの使用するドラムペダルは一級品

齋藤飛鳥さんは台湾でドラムのペダルを購入しました。選んで購入したものはトッププロが使用するモデルで、とても高額なものでした。プロモデルだから買ったのではなく、選んだものがプロが使用するものであるという点に才能が感じられます。





遊び半分として始めたドラムが齋藤飛鳥さんの趣味に

齋藤飛鳥さんは今まで趣味や特技がないことをコンプレックスに感じていました。しかし、ドラムとの出会いによりその才能が開花します。今ではドラムに夢中になっていて、その腕前をファンの前で披露してくれる日も遠くないでしょう。





齋藤飛鳥さんのこれからの活躍に期待です!

齋藤飛鳥さんは1期生として、乃木坂46を引っ張る役割をしてきました。センターも経験し、今ではメンバーに欠かせない存在です。内気な性格の部分もありますが、実は誰よりも乃木坂46のことを考えています。

158センチという小柄な身長からは想像できないほどのエネルギーを秘めている女の子です。歌やダンスというアイドルとしての部分はもちろんですが、これからはドラムなどでもその姿を見ることができるようになるでしょう。





齋藤飛鳥に関連する記事

乃木坂46に関連する記事