【調査】齋藤飛鳥はかなりの読書家!あしゅのオススメ本全まとめ!
乃木坂46の一期生の最年少メンバー、齋藤飛鳥さんはかなりの本を読むことで有名です。撮影で気に入った本を見つけ、そのまま読みながら帰ってしまうほどの活字中毒といっていいほど本の虫です。今回は齋藤飛鳥さんがおすすめしている本も紹介します!

更新: 2018/5/30

齋藤飛鳥さんのプロフィールは?

齋藤飛鳥さんは、東京都出身の1998年8月10日生まれで現在は19歳です。血液型がO型で、身長が158センチと乃木坂46の中では平均的な背の高さです。現メンバーからは「あすか」と呼ばれることが多いです。

齋藤飛鳥さんは本を読むのが大好き!好きな作家は?

齋藤飛鳥さんは、ファンの間ではかなりの読書好きとして知られています。昭和を代表する安部公房さんを始め貫井徳郎さんの作品がお気に入りだそうです。特に貫井徳郎さんの作品は、人間の本質的な部分を描くスタイル、読んだ後のモヤモヤ感が好きと発言しています。

齋藤飛鳥さんが読む本は難しめが多い!

齋藤飛鳥さんは、フジテレビのある番組にてドストエフスキーの「白痴」、太宰治作の「斜陽」、村上龍作の「空港にて」などすごく難しい本を読んでいると話したことがあります。それで、周りの共演者を驚かせたことがあります。
次ページ:
齋藤飛鳥さんがおすすめしていた本とは?など
1 / 3

齋藤飛鳥に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事