2018年03月27日
2018年03月27日
| 欅坂46

【佐藤詩織】バレエ経験者のさとし体が柔らか過ぎると話題にww

佐藤詩織さんは、抜群のスタイルの良さと足の長さで、小さい頃からバレエをやっていました。バレエ意外にも美術の才能もあり有名な二科展でも賞をとっていました。今回はそんな佐藤詩織さんの特技の一つであるバレエについて詳しく紹介していきます。

目次

欅坂46の佐藤詩織さんのプロフィールについて

佐藤詩織さんは、欅坂46の第一期生として2015年8月21日の欅坂46第1期生オーディションで乃木坂46の「何度目の青空か?」を歌って合格しています。
バレエ暦11年という経験と足の長さを活かしたダンスで、多くのファンを魅了しているアイドルです。





バレエを続けられなくなった佐藤詩織さん

佐藤詩織自分ヒストリー1 - YouTube

佐藤詩織さんは、2歳年上のお姉さんの影響を受け、4歳のころからクラシックバレエを習っていました。14歳の頃に怪我をし、名医を回って一度は怪我も治ったものの15歳の時に再発したことで、断腸の思いで辞めることを余儀なくされました。







美術の才能も見出された佐藤詩織さん

バレエを断念した佐藤詩織さんは、そのショックから立ち直れないでいる時に、美術部に入部し美術部の先生による指導を受けていました。
中学卒業後は、美術系高等学校と大学に進学し、2017年9月6日開幕の第102回二科展という美術展で初入選し、奨励賞も初受賞しています。







さまざまな才能のある佐藤詩織さん

欅坂46 佐藤詩織 『Ballet』 - YouTube

4歳から習っていたバレエと中学から指導されていた美術のほかにも、佐藤詩織さんは書道においても8段位の資格を持っています。
特にバレエ経験は、欅坂46のクラシック・バレエを連想するダンスの中でメンバーの中でも一番カッコイイ動きをしていることで評判です。



佐藤詩織さんの気になる休日の過ごし方

欅坂46のアイドル活動で忙しい佐藤詩織さんの休日は、ゆっくり寝ることと家族と話すこと、犬と戯れることです。
このほかにも好きな絵を鑑賞しにギャラリーに行ったり、大好きなチョコアイスを食べて過ごしています。

まだまだ伸びる佐藤詩織さんの人気

佐藤詩織さんは、座高が低く足が格別に長いことと動きの美しいダンスで、メンバーの中でも一目おかれています。
怪我によってバレエを断念したという挫折感も味わいながらも、絵を描く才能や書道などとさまざまな特技があることから、幅広い分野での活躍も期待できるアイドルといえます。
毎日欠かさず小顔ローラーを欠かさないなどと美意識も高いので、変わらぬ美貌とスタイルの良さに加え、庶民的な人懐っこさでますます人気度もアップすること間違えないでしょう。

佐藤詩織に関連する記事

欅坂46に関連する記事