2018年03月20日
2018年03月20日
| 乃木坂46

乃木坂46生田絵梨花さんの卒業時期は?過去に卒業を打診していた過去も

乃木坂46の生田絵梨花さんはいつ卒業するのでしょうか?一期生も20代が多くなり、徐々に卒業生の数も増えてきています。一期生のなかでは若い生田さんですが、卒業の時期もそう遠くはないかもしれません。

目次

生田絵梨花さんのプロフィールを紹介します!

生田絵梨花さんは、生年月日が1997年1月22日でドイツのデュッセルドルフで生まれましたが、5歳からは東京で暮らしておりプロフィールでは東京都出身で紹介されることが多いです。身長は160cmで乃木坂46の中ではだいたい中間あたりに位置します。小学生の頃から舞台女優を目指しており、小学生の段階で初舞台を経験しています。お父さんからグランドピアノを買い与えられたのとほとんど同じ時期に乃木坂46のオーディションを受け、合格を果たします。

現メンバーから呼ばれるニックネームはいくちゃんが多く、他にはいくたどん、えりかなど生田絵梨花さんの名前にちなんだニックネームがほとんどです。この中にあるいくたどんは、生田絵梨花さんがうどん好きということで番組の中でつけられたキャッチコピーからつけられています。多くのメンバーは生田絵梨花さんさんのことをいくちゃんと呼んでいます。

ピアノの練習と乃木坂46のオーディションを両立させて東京都の代表として全国大会に出場するなど見た目以上に強さがあり、気持ちが強いのも特徴です。





実際に生田絵梨花さんの卒業可能性はどれくらい?

乃木坂46を卒業するメンバーの中には、個人で行う仕事が充実してきたことで独り立ちをする人がいます。これはアイドルグループに所属していた人が卒業する理由に多く、生田絵梨花さんが卒業するとすれば個人の活動が充実してきたから卒業するということはありえます。

また、乃木坂46のファン以外にも生田絵梨花さんは知られており、一般的な知名度が上がることで卒業しても支障がない状況になり独り立ちをすることも十分に考えられます。

生田絵梨花さんは元々子役の活動していたため、演技の仕事が多く、2017年は複数のミュージカルの仕事をこなすなど子供の時の夢だった舞台女優の階段を順調に上っています。生田絵梨花さんさんのキャラクターがユニークなため、バラエティ番組にも数多く出演し爪あとを残しているほか、ピアノが得意なため、音楽番組ではピアノの演奏をするなど様々な形で結果を残しています。

すでに乃木坂46のメンバーとしてでなくても十分な活躍を見せていることから、生田絵梨花さんがいつ卒業してもおかしくないような状況です。





生田絵梨花さんは進学のために乃木坂46の活動を休止した過去も!



生田絵梨花さんの芸能生活の中で一時期活動を休んでいた時期があります。それは2014年の夏の時期です。この時期に音楽大学の入試が控えており、その準備のために一時的な休業を余儀なくされました。無事に合格し、2015年から音大生とアイドルの二足のわらじを履いています。ただこの両立は結構大変なことであり、過去にアイドルと音大生を両立させていたアイドルグループのメンバーもグループを卒業してからしばらくして音楽大学を卒業するような状況でした。

芸能活動を一時休業してまで音楽大学に入学した生田絵梨花さんも同じように音楽大学を卒業するためにアイドルとしての活動を終えることも十分に考えられます。生田絵梨花さん自身は休業してもこれだけ多くの才能に恵まれており、休業自体になんら影響はなくアイドル活動を辞めたところでまた表舞台に帰ってくることは確実です。また前回同様、活動を休止して卒業に専念することも考えられます。いずれにしても生田絵梨花さんにとってピアノはとても大事な存在なのは明らかです。



グループ卒業は大学卒業を契機にするケースも多い

乃木坂46に限らず、卒業発表のタイミングを学業の区切りとセットにするケースが見られます。10代であれば中学や高校、20代であれば大学の卒業と同じタイミングにすることが多いです。生田絵梨花さんは2015年に入学しており、順調なら2019年には音楽大学を卒業できます。もちろん精力的に活動しており、留年している可能性もありますが、最短でも2019年が1つの区切りとなりそうです。2018年の後半あたりにそうした発表をしたとしても決して不思議ではないと言えます。

乃木坂46には大学を卒業しても活動を続けているメンバーが多いため、もちろんすぐにそうなるわけではないのも事実ですが、一般的な大学と音楽大学では卒業のハードルが全く違うのも特徴的です。乃木坂46の活動をどこまで重視しているかが大きなカギを握りますが、3期生などの若手がどんどん台頭する中において乃木坂46に自分がいなくても大丈夫と思い、音楽活動などにシフトした時には学生としての立場ではなくなる段階での卒業も十分にあり得る話です。





先に卒業した同期の活躍に刺激を受けることも

乃木坂46ではこれまでに多くの1期生が卒業していますが、生田絵梨花さんと同じように第一線で活躍していた人も結構います。一方で卒業したメンバーの中にはキー局のアナウンサーになる人もおり、卒業した同期が幅広い活躍をしているのを見て刺激を受けることもよくあることです。

いつまでもアイドルグループにいてられないという焦りもあり、このままではいけないという気持ちにもなるため、同期がどんどん活躍していく状況というのは本来であれば危機感を覚える要素でもあります。

生田絵梨花さんは現時点で十分な活躍を見せており、ミュージカルでの経験もあり素晴らしい歌声を披露することもあります。アイドルグループでもそれはできますが、全体でのパフォーマンスになるため、個々のパフォーマンスより調和が求められがちです。

生田絵梨花さんの場合は個のパフォーマンスが素晴らしいため、それを活用するには卒業をして1人で活動をした方がうまく活用できることも考えられます。年齢を重ね、大人になっていくからこそ考えざるを得ない部分です。





生田絵梨花さんの卒業する可能性はないとは言い切れませんね...

すでに乃木坂46としての活動は十二分にこなしており、個人としての活動も順風満帆であることを考えると今後いつ卒業してもおかしくない状況です。しかも音楽大学の卒業に向けた準備をどうしていくかも考えなくてはならず、卒業する可能性は今後増していきます。ただこの卒業は生田絵梨花さんにとっては全くネガティブなものではなく、むしろ幅を広げることにもなります。

もちろん卒業するのは寂しいですが、生田絵梨花さんの将来的な活躍を期待しているファンの多くは卒業してからもずっと応援し続けることは間違いありません。





生田絵梨花に関連する記事

乃木坂46に関連する記事