乃木坂46の生田絵梨花さんはピアノも歌もプロ級の才女!
乃木坂46の生田絵梨花さんはメンバーでも1,2を争うほどの、高い歌唱力があります。さらにピアノもでき、それを武器に音大に進学した現役の音大生です。今回は彼女の魅力についてご紹介いたします!

更新: 2018/3/20

ドイツ生まれの才女!生田絵梨花さんの生い立ちは?

乃木坂46の現メンバー生田絵梨花さんはピアノも歌も歌い才女だということをご存じでしょうか。ただのアイドルだと思うなかれ、生田絵梨花さんはかなりのお嬢様で、出身地はドイツのデュッセルドルフで、5歳で日本に帰国後はお嬢様として何不自由のない生活を送っていました。

生田絵梨花さんのニックネームはいくちゃんやエリカ様、生年月日は1997年1月22日です。血液型はA型、身長は160cmです。乃木坂46のメンバーとして、デビューしたのが2011年で特技はピアノと美術と書道です。

小さい頃は月曜日から日曜日まで習い事のスケジュールがぎっしりと詰まっており、月曜日は数学の家庭教師、火曜日と日曜日はクラシックバレエ、水曜日は習字、土曜日はピアノ、金曜日はピアノの練習を自宅でされていました。
これだけ習い事を子供にさせるのはかなりのお金が必要ですし、子供は習い事を嫌がることもありますので、親は厳しく接しなければなりませんので、家庭も教育熱心だったのでしょう。
生田絵梨花さんにはお姉さんがおり、お姉さんは東大に進学されています。

音楽が大好きな生田絵梨花さん!

生田絵梨花 フィンランド民謡 乃木坂46時間TV - YouTube

生田絵梨花さんは幼少の頃から音楽に親しんでおり、歌やダンスが好きな女の子です。音楽関係の仕事をしたいと思ったのは中学3年生の時でした。特にアイドルになりたいと思っていたのではないのですが、子供の頃からミュージカルが大好きだったため、母親に連れられてミュージカルをよく見られていたそうです。

5歳までドイツに住んでいたので、オペラ劇場や、ミュージカル劇場などが沢山あったため、子供向けの作品も見られていたのかもしれません。
中学3年生の時、偶然インターネットで乃木坂46のオーディションを見つけた生田絵梨花さんは早速応募してみたら、見事合格しました。

元々音楽の世界に入りたいと思っていたのですが、まさかアイドルになるとは思っていました。アイドルも音楽家も同じステージに立つという意味もあり、アイドルになることを決心しました。

アイドルになった後も、音楽の勉強は続けており、現在は東京音楽大学の学生として勉学にも励んでいます。こうしたことも実を結び、音楽関係の仕事のオファーが来るようになりました。

生田絵梨花さんはアイドルとミュージカルの二足のわらじをはく!

【乃木坂】生田絵梨花のミュージカルがすごい… - YouTube

生田絵梨花さんは乃木坂46の活動と同時にミュージカルの仕事もこなされています。

例えば2014年度には虹のプレリュードという作品に出演されています。このミュージカルに出演当初はまだ17歳だったので、ピアノの腕や歌にも大勢の観客が驚かされたことでしょう。
ピアノの生演奏もありますので、生田絵梨花さんファンにとっては見どころ満載のミュージカルでした。

虹のプレリュードは生田絵梨花さんの初舞台でコンテストに挑むピアニストという役もピッタリです。手塚治虫原作の漫画が元になっており、19世紀のポーランドの音楽学校が舞台になっています。生田絵梨花さんはルイズ・コルドックという人物を演じており、この人物は本当は女性なのですが、男性として死んだ兄の名前を名乗って音楽院に入学するストーリーです。

生田絵梨花さんは男装姿と少女姿を披露するのですが、とても初々しい姿で可愛らしく見るものを魅了するほどでした。
この後に、2015年にはリボンの騎士、2017年度にはロミオとジュリエット、レ・ミゼラブルと次々にミュージカルに出演されています。
次ページ:
生田絵梨花さんの歌唱力はミュージカル役者も驚くほど!など
1 / 2

生田絵梨花に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事