乃木坂46生田絵梨花のセンター・ソロ曲を紹介!
乃木坂46所属の生田絵梨花さんがセンターを務めた曲を中心にご紹介いたします!可愛くて歌が上手い生田さんはいくつかの楽曲でセンターを勤め、ソロ曲ももっています。一度聞くとクセになる彼女の歌声を、ぜひきいてみてください!

更新: 2018/3/11

生田絵梨花さんのプロフィールは?

生田絵梨花さんは平成9年、1997年1月22日生まれでドイツのデュッセルドルフ出身です。デュッセルドルフは芸術の街としても知られ、音楽大学に入るなど芸術の道を邁進する生田絵梨花さんに大きな影響を与えた街とも言えます。

アイドルを目指していたわけではないものの、舞台女優の道に進みたかったことや同じステージということで乃木坂46を志望するに至り、2011年に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、それ以来乃木坂46の一員としての活動を続けている状況です。

身長は160センチと乃木坂46の中では真ん中あたりとなっており、血液型はA型です。

ニックネームは「いくちゃん」と呼ばれることが多く、ファンの間からもそのように呼ばれることが多いです。また名前のえりかと呼ばれることもあります。現メンバーの後輩からはいくちゃんさんとニックネームにさん付けをすることも見られます。

当初はドイツ生まれというのもあり才色兼備と言われていましたが、徐々に変人と称されることが多く、顔に似つかわしくない毒舌も人気の要因です。

生田絵梨花さんの最初のセンター曲はダブルセンター!

乃木坂46 『失いたくないから』Short Ver. - YouTube

生田絵梨花さんにとっての最初のセンター曲は乃木坂46のデビューシングルであるぐるぐるカーテンの中に収録されている、「失いたくないから」という曲です。

当時のセンターだった生駒里奈さんとのWセンターという形ではあったものの、生田絵梨花さんの最初のセンター曲として認知されています。
ぐるぐるカーテンの選抜に別の1期生4名を加えた20名で歌われる曲であり、選抜の中で唯一選ばれました。MVもあるため、生田絵梨花さんのファンにとっては大切な曲であることは間違いありません。

次のセンターまで2年以上かかることになります。生田絵梨花さんは当初から七福神と呼ばれる重要なメンバーの一員ではありましたが、生駒里奈さんがセンターを務めるなどしてなかなか順番が回ってきませんでした。

ピアノが弾けるなどの特技はあったものの、センターに起用するにはまだ色々と足らない要素もあり、結果的に2年以上待つことになりますがそれ以降は何回かセンター曲をもらえるような立場になり、ついに表題曲でのセンターに抜擢されます。

生田絵梨花さん初の単独センター曲は復帰一作目!

乃木坂46 『何度目の青空か?』Short Ver. - YouTube

表題曲で生田絵梨花さんが初めてセンターを務めたのは2014年に発売された乃木坂46の10枚目のシングル「何度目の青空か」です。生田絵梨花さんはこの直前まで音楽大学への進学のために一時休業の状態にありましたが、このシングルから復帰し復帰第一作としてこの曲が用意されました。

このシングルは生田絵梨花さんを意識した詞が話題となっており、一時休業の際に外から乃木坂46を見た経験とその思いを汲み取った歌詞が特徴です。いったん足を止めた時に見えたものがうまく表現されています。

「何度目の青空か」に収録されている楽曲にも生田絵梨花さんのセンター曲が含まれています。「私、起きる」という曲は表題曲で歌われている歌詞の世界観を軸にすると未来にあたる楽曲です。この楽曲に参加しているのはその時点で高校生だったメンバー10人であり、生田絵梨花さんもその1人です。未来に向けてもっと頑張ってほしいというニュアンスを含めた曲になっており、ある種のメッセージと言えます。1枚のシングルにそれだけの思いがこめられていることがわかります。
次ページ:
生田絵梨花さんの歌声はソロで際立つ!など
1 / 2

生田絵梨花に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事