乃木坂46・生田絵梨花は舞台「レ・ミゼラブル」などで活躍中!
乃木坂46の生田絵梨花さんは現役のメンバーでありながら、近年個人で舞台のお仕事が増えてきています。誰もが聞き入ってしまう彼女の美声は、ミュージカルではさらにきれいに聞こえます!今回はそんな生田さんのレ・ミゼラブルでの活躍の様子を紹介します!

更新: 2018/3/11

生田絵梨花さんのプロフィールは?

生田絵梨花さんは生年月日が1997年1月22日で、出身は東京です。ドイツで生まれましたが、生まれてすぐに日本に帰国したので、東京出身となっています。
ドイツにいる頃からピアノを習い始め、小学生のころにはミュージカルを見たことで舞台女優になるという目標が生まれます。
生田絵梨花さんの身長は160センチと平均的であり、乃木坂46の現メンバーの中でも平均レベルです。いくちゃんとメンバーやファンに呼ばれることが多く、変人と言われるほどの独特な世界観や急なハイテンションなども生田絵梨花さんならではです。

目標が舞台女優ということもあり、小さな時から子役を務め大手の芸能プロダクションに属していたこともあります。積極的に舞台に立ち、乃木坂46の加入前にはある程度の経験がありました。2011年に乃木坂46に加入した生田絵梨花さんは音大への進学のために休業した時期もありますが、乃木坂46の舞台では観客の投票で役が決まる仕組みで行われ、そこでほとんどの公演で主役級の役をゲットするなど活躍を見せていました。

生田絵梨花さんのレミゼまでの舞台歴

生田絵梨花さんは2012年から2014年まで開催された乃木坂46の舞台ではほぼすべての公演に参加するなど、抜群の安定感でありファンにも欠かすことのできない存在であることを見せ付けることになりました。

2014年の公演の後に進学準備のための休業を行いましたが、数ヵ月後に復帰した際に与えられたのが初主演の舞台でした。手塚治虫さん原作のものであり、生田絵梨花さんは主役に抜擢されます。その演出もマンガを原作にしたミュージカルを多く手掛けた人ということもあり好評を博しました。

2015年には手塚治虫さん原作で何度も舞台化をされた作品の主役をまた務めることになります。こちらも演出は同じ方が担当し、今までに何度も舞台化されたこともあり好評で終わりました。
その次が2017年ロミオとジュリエットの舞台です。こちらではジュリエット役を務め、本格的なミュージカル女優、舞台女優としての活動を進めていきます。レ・ミゼラブルはロミオ&ジュリエットが終わった後に行われることになります。

念願のレミゼでは準ヒロイン役を担当!

生田絵梨花さんは舞台版レ・ミゼラブルでコゼットという、ヒロイン役を演じます。レ・ミゼラブルの舞台は日本では1987年から頻繁に行われ、俳優の世界で第一線で活躍する人たちが演じてきました。

コゼットの役も同じであり、その当時の新進気鋭の女優が務める機会が多く、生田絵梨花さんはその仲間入りを果たします。生田絵梨花さんは元々レ・ミゼラブルの大ファンであり、乃木坂46の結成当初に行われたイベントでも劇中歌を披露するほどで、本人もかなり力を入れてこの舞台に挑戦したことが明らかになっています。

この時の舞台は日本での初舞台から30周年というメモリアルであったため、かなりの盛り上がりを見せました。生田絵梨花さんは稽古に参加していく中で当初は男性を交えたシーンで戸惑いを見せながらも成長を見せていき、美しい歌声が共演者から称賛され、さらに主役の役をやってほしいとお願いされるなど相当なハマリ役となります。結果的にこれらの活躍が認められ舞台女優などに贈られる賞を受賞し、舞台女優としての認識がより高まる結果になっています。
次ページ:
生田絵梨花さんはレミゼ以降も舞台出演で大忙し!など
1 / 2

生田絵梨花に関連する記事

乃木坂46に関連する記事

人気タグ

新着記事