宮崎れいなはエビ中の永遠のリーダー!現在は慶應大学でチアリーダー
宮崎れいなさんは、私立恵比寿中学のリーダーとして初期のエビ中をまとめていました。2011年にグループを卒業し、現在は慶應大学に所属しチアリーディングを頑張っているようです。現在はそんな宮崎れいなさんについて紹介していきます。

更新: 2018/3/24

宮崎れいなさんのプロフィールは?

宮崎れいなさんは1997年8月24日生まれの20歳で、かつては私立恵比寿中学の初代リーダーを務めていました。2009年の私立恵比寿中学がデビュー結成時からの最古参メンバーとなります。結成時の年齢は宇野愛海さん、星名美怜さんや杏野なつさんと同学年の11歳でした。

私立恵比寿中学はそれぞれに出席番号と呼ばれるナンバーが振られており、旧出席番号と、その後新たに作られた新出席番号があるのですが、宮崎れいなさんは旧出席番号が4番(のちに3番に変更)、新主席番号が2番という非常に若いナンバーでした。あだ名はれいにゃん、ザキミヤで名前をそのままもじった物のようです。身長は152cm、血液型はO型でメンバーそれぞれを指す個人カラーは薄ピンクでした。もともとはピンクだったという説もあります。キャッチフレーズは「天使と小悪魔のハートを持つ冷静リーダー」で、彼女のしっかり者で面倒見が良い性格を表したものとなっています。

私立恵比寿中学は彼女以降、リーダーというスタイルをとっていないため、宮崎れいなさんは最初で最後のリーダーになります。

私立恵比寿中学黎明期を支えたリーダー

現在でこそ知名度が高く大人気の私立恵比寿中学ですが、当然ながら結成時の人気がいきなり高かったわけではありません。結成当時のメンバー数は12人と多かったのですが、資金的な余裕はなかったようで、個人の私物の靴を履いてライブを行っていたこともあったそうです。そんな厳しい時代を支えたのが初代リーダーである宮崎れいなさんです。

宮崎れいなさんはそのキャッチフレーズである「天使と小悪魔のハートを持つ冷静リーダー」が表す通り、面倒見が良いながらも必要なことはきっちりと声に出すことができる良い意味でサバサバとした性格をしており、10代という多感な時期にある当時のメンバーたちをきっちり引っ張っていきました。

現在の私立恵比寿中学人気の根底はこの時期に作られたと言っても過言ではないと思います。そんな黎明期を支えた頼れるリーダーが宮崎れいなさんだったのです。その美しいルックスと歯に衣着せぬ物言いはファンの心をがっちりとキャッチしました。

活動を続けていく一方で、結成当時のメンバーの転校(脱退のこと)や新しいメンバーの加入など、人見知りである宮崎れいなさんにとってはあまり得意とは言えない出来事の連続に、彼女は不安を感じた事もあったようで、ブログにその心情を吐露しています。厳しい出来事もある中でしっかりと自分の役割をこなした宮崎れいなさんは、強い心と優しい心を持ち合わせた方だったと言えますね。

宮崎れいなさんの活動は今なおファンの語り草に

現在は卒業メンバーになってしまった宮崎れいなさんですが、今なお彼女の存在はファンの間で語り草になっています。彼女つけていた新出席番号2番は現在恵比寿中学では永久欠番になっています。永久欠番と言えば野球などで聞いたことがあるかもしれませんが、偉大な活躍をした方の功績を後に伝えるためにその番号を付けることを許さない制度です。宮崎れいなさんの活躍はそれほど私立恵比寿中学にとって偉大だったことが分かります。

当初からのファンの方が現在でもブログやツイッター等で話題に出し、その時代からのファンではなく後にファンになった方も、彼女の現役時代を見られなかったことを悔やむなど、彼女の功績をたたえる方が非常に多いのです。

彼女の卒業に大きなショックを受けたファンの方もいらっしゃるようで、ブログ等でその心中を吐露しています。宮崎れいなさんはそのアイドルとしてのポテンシャルだけでなく、リーダーとしての素質も群を抜いていましたから、後任を務める方を心配しているファンも多かったようです。

宮崎れいなさんの活躍は今後も恵比寿中学を語る上で欠かせないものとなるでしょう。
次ページ:
実はとっても頭が良い!慶応大学に通っている!など
1 / 2

私立恵比寿中学に関連する記事

人気タグ

新着記事