さくら学院・森萌々穂は学院イチのぶりっ子!CMなど学院外での活動も頻繁!
森萌々穂さんは現役のさくら学院の生徒です。学院イチのぶりっ子として父兄から多くの人気を集めています。さくら学院のほかにもCMやモデルの活動も多く、世間での認知度は低いですが、見たことある!という方も多いのではないでしょうか?

更新: 2018/4/10

森萌々穂さんのプロフィールは?

さくら学院現メンバー森萌々穂の誕生日は、2004年12月8日、出身地は東京都、血液型は非公表、身長は152cmです。転入したのは2016年5月6日に開催された「さくら学院2016年度転入式(中野サンプラザホール)」であり、ライブで自己紹介するときは森萌々穂を訓読みした「もえもえほ~」を使っています。

実は転入以前からさくら学院のファンであったため、何度もライブイベントに足を運んでおり、加入が決まったときは、人一倍に嬉しかったそうです。加入してからはアイドルらしいぶりっこキャラを展開しており、メンバーの中で岡田愛に並ぶ「ぶりっ子キャラツートップ」の一翼を担っています。

特技は絵を描くこと、小学4年の頃からクッキングすることも特技となり、マニアックなものまねで周囲を楽しませてくれます。趣味はヨガをすること、将来の夢はモデルや女優です。大好きなのが世界を股にかけて活躍するBABYMETALです。

森萌々穂は、小学校1年のときに「ちゃお」のオーディションに応募したことが芸能会デビューのきっかけになりました。

森萌々穂さん学院イチのぶりっこキャラ

森萌々穂は、自他ともに認めるぶりっ子キャラです。転入当時から小柄であったことやライブでの「もえもえほー」という自己紹介は、まさにぶりっ子の極み、ファンの中では歴代さくら学院メンバーの中でも最強クラスのぶりっこキャラではないか?と噂されるほどなんです。

普通アイドルのぶりっ子といっても森萌々穂だけは別格、本当の意味でぶりっ子なんです。
しかも出演した番組LoGiRLにおいて、出演メンバーから「ぶりっ子」だと指摘されて「ぶりっ子で何が悪いんですか!」と反撃するなど、並のぶりっ子ではないところを見せました。写真映りも良くなっており、自分の可愛いところを最大限に表現するための計画的ぶりっ子、いや確信的なぶりっ子とすら言える末恐ろしい存在なのです。

ぶりっ子というと媚びるだとか、狙っているというイメージを持っていませんか?
森萌々穂はこの面においても別格、お辞儀する時もおへそのあたりに手を添えて深々と頭を垂れるんです。まるで「マナー講師の先生か!!」と突っ込みたくなるほどの所作は極めて自然で、身についているとしか表現ができないほどなんです。人に見られているという意識を持つプロ精神を持ったアイドル、それが森萌々穂なんです!

森萌々穂さんは映画・ドラマ・MVにも出演経験が豊富

森萌々穂は、2004年生まれでとっても若いですが、ドラマや映画、MVにまで出演するなど、多方面で活躍しています。

例えばドラマでは、2013年2月下旬にフジ系列で放送された「サキ」第8話で主人公サキの幼少期を演じきりました。またEテレにて2015年8月4日に放送された「子供安全リアルストーリー」第1話ではシオリ役、同年9月29日に放送されたフジ系列ドラマの第二夜で牧野の妹役、2016年に公開された映画では平田さん役を力演するなど、その演技力の高さを見せました。

さらにミュージックビデオでは、人気女性テクノポップユニット「Perfume」の「ClingCling」にツインテールの少女として出演するなど、多彩な現場で活躍しています。

若いながらも活躍の場が多かったのは、少女漫画雑誌「ちゃお」に応募したことがきっかけでした。小学校1年生であったので合格することはできませんでしたが、アミューズに所属することが決まりました。以来目覚しい活躍を見せており、アイドルとしても着実に成長しています。
次ページ:
森萌々穂さんの憧れはBABYMETALに加入することなど
1 / 2

さくら学院に関連する記事

人気タグ

新着記事