【元さくら学院】杉崎寧々の卒業後の現在の活動は?看護師を目指して勉強中との声も
元さくら学院の杉﨑寧々さん、さくら学院は中学卒業と同時に卒業する決まりになっています。杉﨑寧々さんも無事に卒業となりました。卒業後の進路は夢である看護師を目指すそうです。今は一般人ですので情報は有りませんが既に夢を叶えているかも知れません。

更新: 2018/5/23

杉﨑寧々さんのプロフィールは?

さくら学院の卒業メンバーの杉﨑寧々さんはアミューズ事務所所属のアイドルでした。生年月日は1998年5月8日で、茨木県出身です。

さくら学院では2013年度トーク委員長として活躍をされていました。さくら学院に入る前は、元ミニーパティとして活躍されています。

ミニパティはさくら学院のクラブ活動のユニットの1つで農林水産省が提唱する食料自給率アップを目的に発足された女子3人グループのららら農業プロジェクトの一環で、見習いパティシエユニットがコンセプトになっていました。

ミニパティはコック帽とコックコートを着た衣装でパフォーマンスを行い、すべて食べ物をテーマにしたイベントを行っていました。

杉﨑寧々さんのニックネームは「ねね」で、好きな食べ物は肉弁当とタコ焼き、海苔で嫌いな食べ物はトウモロコシです。

さくら学院は中学卒業と同時にさくら学院も卒業する決まりになっていますので、杉﨑寧々さんも無事に卒業されました。卒業後の進路については、看護師になるのが杉﨑寧々さんの夢ですので、頑張ってこれからも勉学にいそしんでいただきたいところです。

杉﨑寧々さんは現在20歳!

杉﨑寧々さんは現在20歳ですので、芸能界引退後は一般人になられましたので、その後の様子や活動については全くわかっていません。

しかしさくら学院を卒業された当初は15歳の中学卒業でしたので、そのまま看護師としての夢を叶えるため進学、就職していたら、現在看護師になって働いているのかもしれません。

卒業当時のインタビューでは、杉﨑寧々さんは母のような看護師になるのが目標であり、将来の夢だとコメントされていますので、このことからお母さんは看護師であることが分かります。

子供の頃から働くお母さんの背中を見て、育ってきたので同じように看護師として働きたいのでしょう。すでに15歳で将来の進路について考えているのはかなり凄いことです。

看護師になるために進学をされた後、杉﨑寧々さんはトレードマークだったロングヘアをバッサリと切り、ボブヘアになりファンに披露されていますので、髪を切って新たな再スタートを頑張ろうとしている意思の表れなのかもしれません。

さくら学院卒業メンバー同士で新たな再開を誓い合っていますので、将来は看護師になって再開するのではないでしょうか。

杉﨑寧々さんがアイドル時代で大変だったこと

杉﨑寧々さんは中学と言う多感な時期をさくら学院の中でアイドルで過ごしてきました。卒業後のインタビューでは、さくら学院時代は常に年頃の女の子がたくさん集まって団結してアイドル活動をしなければならないので、とても大変だったそうです。

またさくら学院は中学を卒業したらメンバーが卒業するため、初等部からの入れ替わりもあり、毎年メンバーが変わるので出だし部分にも苦労されたそうです。

ほかにもさくら学院では制服を着ている状態で立ちながらものを食べることが校則で禁止されているため、ずっと買い食いが出来なくて残念だというコメントもされています。

通常の年頃の中学生であれば、買い食いは普通に当たり前に行うことが出来たのですが、さくら学院を卒業後の夢では、買ったものを食べて食べたいという15歳の女の子らしい夢も話してくれました。

杉﨑寧々さんは、これまでアイドルであるため人目を気にしなければならなかったり、行動を規制されることもあったので、卒業後は普通の女子高校生として青春を謳歌することができるでしょう。
次ページ:
杉﨑寧々さんは初代ミニパティとして大活躍など
1 / 2

さくら学院に関連する記事

人気タグ

新着記事