2018年03月02日
2018年03月02日
| 私立恵比寿中学

【元私立恵比寿中学】奏音は現在七木奏音に芸名を変え女優として活躍中!

奏音さんは、私立恵比寿中学に以前まで所属していましたが、現在は、七木奏音と芸名を変え、女優として活躍しています。今回はそんな奏音さんについて紹介していきます!

目次

奏音さんのプロフィール

私立恵比寿中学の卒業メンバーである奏音さんは、1997年2月7日生まれの21才で血液型はA型です。身長はアイドルにしては高く162cmで、現在はタレントや女優として活動しています。奏音さんは私立恵比寿中学で活動し始める前に、小学生から絶大な支持を受ける「ニコプチ」でモデルの経験がありました。スタイルが良く、同年代の女の子達が憧れる雑誌に載っていたので、男性よりも女性から憧れられる存在だと考えられます。愛称はのんちゃんで、かわいい子が多い私立恵比寿中学のメンバーの中では美人系だと言われていました。今は既に成人しており大人の女性になっていますが、私立恵比寿中学で活動していたときは、まだ中学1年生の12歳でした。私立恵比寿中学は早くに卒業していますが、今も芸能活動を続けているので、幼い頃から芸能界に対する憧れが強かったようです。また、出身地は東京で長い間芸能活動をしているので、仕事をしやすい環境で親の協力も大きかったのだと思います。奏音さんがもう少し私立恵比寿中学で活動するところを見たかったという声もあるほど、今でも貴重な初期メンバーとして存在感を放しています。

私立恵比寿中学が結成したエピソード

私立恵比寿中学は、2010年8月7日にインディーズでデビューし、初のオリジナルソングである「えびそりダイアモンド」を発売します。インディーズデビューをしてからの印象が強く、その時のメンバーを初期だと思っている人が多いと思います。しかし、実はその前に奏音さん・宇野愛海・瑞季・宮崎れいな・真山りかによる5人組グループで私立恵比寿中学が結成されました。私立恵比寿中学というグループができたことは、2009年7月26日に行われた「スタフェスVol.006」にて発表されました。この時、奏音さん含む初期メンバーはステージにあがりましたが、8月4日公演の告知だけでライブは行っていません。そして、2009年8月4日に「スタフェス番外編Vol.2」で初期メンバー達がお披露目されました。結成当初は、日々のレッスンの成果を披露するための期間限定ユニットとされており、主にスターダスト主催のイベントに出演していました。私立恵比寿中学のメンバーは皆未成年なので、様々なことを考慮して期間限定ユニットにしていたのだと思います。

私立恵比寿中学で仲の良いメンバーは?

奏音さんが私立恵比寿中学のメンバーで仲が良かったのは、2016年2月に急死した松野莉奈です。奏音さんと松野莉奈は小学4年生からの親友で、奏音さんが私立恵比寿中学を卒業してからも親交がありました。奏音さんのブログでは二人が一緒に遊んでいる内容をよく報告しており、メンバーの活躍に対して「私立恵比寿中学のメンバーの活躍は自分のことのように嬉しいけれど、りなと遊べなくなるのが残念」と語っていました。このエピソードからも二人がよく遊んでおり、数いる私立恵比寿中学のメンバーの中でも仲が良かったことが分かります。2016年に松野莉奈が急死した際も、奏音さんは「忙しいのにいつも舞台を見に来てくれました。私立恵比寿中学の活動を頑張っており、歌割りも笑いも増えていきました。ずっとやりたかったモデルの仕事も一歩一歩つかんでいっていました。どんどん身長も抜かされていきました。」と言葉を噛み締めて語っています。まだ21歳の奏音さんにとって、仲が良い友達の死を経験するには若すぎたのかもしれません。しかし、「また会える。ずっと大好き。」と言葉を残しており、松野莉奈の分まで頑張ると語っています。

奏音さんはどんな性格なの?

奏音さんの性格は、頑張りやで負けず嫌い、そして友達が多い人気者という印象です。奏音さんがまだ小学生の頃にファンの子が「オーディションに受かるコツを教えてください」と質問をした際に、「受かったつもりでオーディションを受けにいかなければいけない。面接を受ける前から受かったなと自信を持つことが大切です。」と語っています。また、「オーディションはとても難しいです。多いときで週に3買い程度あり、映画やドラマで300人、CMで30~50人程度がオーディションを受けに来ています。書類選考だけで考えるとその何倍もいるので、すごい倍率の中から仕事を勝ち取らなければいけません。3次から4次、そして最終審査まで残って3~5人にまで絞られますが、ここまできてもバラシになってやり直しになることもあります。」と放しています。小学生の頃から芸能活動をしており、様々なオーディションを受けたことがあるからこそ語れる内容です。芸能界は決して簡単な世界ではないですが、長い間夢のために頑張っている奏音さんは、本当に頑張りやなのだと思います。

現在は女優として頑張っている!

奏音さんの夢は小学4年生から一貫して女優であり、現在はその夢に向けて努力しています。2010年7月に「告白」で映画デビューをしてから、役にとらわれない多方面な活動を行っています。評判も上場で、「美少女戦士セーラームーンUn Nouveau Voyage」の舞台では、セーラーマーズ役を務めました。セーラームーンと言えば、過去には北川景子さんなど美人で今をときめく芸能人が数多くいます。その分プレッシャーも大きかったと思いますが、役に合ってる・かわいいなど高評価でした。この他には残酷劇場「ライチ光クラブ」でカノン役を演じるなど、人気のある作品が多いです。私立恵比寿中学を辞めた理由も、アイドル活動が嫌だったわけではなく昔からの夢である女優になるためだと考えられます。今の活動を見ると着実に夢を叶えています。卒業メンバーの活躍を見て、現メンバーたちも負けないように頑張ろうと思えるようで、切磋琢磨してお互いを伸ばしています。芸歴が長いためベテラン感がありますが、まだまだ若いので、今後に期待したいです。

私立恵比寿中学の大切なメンバー

私立恵比寿中学はメンバーの入れ替わりが多く、卒業メンバーはたくさんいます。しかし、結成当時に加入し1期生で活動した奏音さんは、数いる卒業生の中でも特別な存在です。卒業してからもメンバー達と交流があったり、私立恵比寿中学を思うような発言もあります。活動期間は短くインディーズデビュー前までで表だった曲を出したりはしていませんが、私立恵比寿中学の大切なメンバーの一員です。現在も芸能活動をしており、その活動を楽しみにしているファンもたくさんいるので、ぜひこれからもお仕事を頑張ってほしいです。

私立恵比寿中学に関連する記事