【元さくら学院】佐藤日向|卒業後も雑誌やCMなど多方面で活躍中!
さくら学院に所属していた佐藤日向さんは、現在グループを卒業しCMや雑誌など様々な媒体で活躍をしています。今回は、佐藤日向さんいついて、さくら学院の在籍時から現在までまとめてみました!

更新: 2018/3/2

佐藤日向さんのプロフィールは?

佐藤日向さんは1998年12月23日に生まれました。

出身は新潟県で、雪国美人らしく色白で透き通った肌です。

さくら学院でのデビューは、2010年の4月ですが、小学校低学年の頃から子役としてCMなど芸能活動をしていたようですから、東京の街並みには慣れていそうです。

さくら学院のプロフィールでは神奈川県出身ともなっているようなので、芸能活動を始めてからは神奈川県を拠点として活動していたのかもしれませんね。

身長はさくら学院に入学した頃は140cmほどだったようですが、現在のプロフィールでは159cmになっています。

血液型はAB型です。ひーちゃんの愛称で親しまれ、「ムード委員長」というムードメーカー的な役割をしていましたが、2014年にさくら学院を卒業しました。

所属事務所はアミューズで、さくら学院卒業後もCM、雑誌、ドラマ、舞台などと様々な分野で活躍しています。

佐藤日向さんが卒業した理由

アイドルが卒業を発表する時、大抵は「学業に専念したい」「女優の道に進みたい」「普通の女の子に戻りたい」というアイドル本人の希望や、スクープされた恋愛スキャンダルなどが原因で卒業せざるを得ないという状況がありますが、佐藤日向さんがさくら学院を卒業した理由は何でしょうか。

彼女は卒業後も芸能活動を続けていますので、学業に専念したり、普通の女の子に戻ったりといったような理由では無いようです。

実は、彼女が所属していたさくら学院には独特な卒業のルールがあり、現実の世界の中学校の卒業と同時にグループも卒業になります。

卒業メンバーは在籍していた時に学んだノウハウを活かして、多方面で活躍できるよう期待されています。

よって、佐藤日向さんについても、さくら学院を卒業した理由は正式には中学校を卒業したからとなりますが、他のグループのアイドルの卒業理由に敢えて重ね合わせるなら、活動の幅を広げるためと言っても良いでしょう。

さくら学院自体、アミューズに所属しているタレントの選抜ユニットとして、成長期限定のメンバー育成が運営方針として掲げられているので、そこで学んだ事をその後の芸能活動にいかに活かすかが鍵になります。

佐藤日向さんがさくら学院にいた時のグループ外の活動は?

佐藤日向さんは2010年度にさくら学院の1人のメンバーとしてデビューしています。

さくら学院のデビューシングルなどの収録に参加する他、ドラマにも出演しています。

特に、2010年は5月からテレビ朝日で放送された学園ドラマ「ハガネの女」に生徒役で出演しました。

さくら学院でのデビューは2010年の4月なので、撮影期間などを考えるとデビューよりも早くに着手していた仕事ではありますが、さくら学院のデビュー後すぐに、グループの外でも活動し始めたことになります。

また、2014年のグループ卒業間際にはテレビアニメ「くつだる。」のメインキャストの柄沢りん役の声優としても活動の場を広げています。公式サイトで確認する限りはさくら学院にいる間、グループ内の活動が目立ち、グループ外の活動はどちらかというと入学前、もしくは卒業してからの方が多いようです。

しかし、さくら学院に所属している間は派生ユニットに参加するなどといった、グループ全体の活動以外にも活躍する機会が様々与えられる存在ではありました。
次ページ:
佐藤日向さんのブログはあるの?など
1 / 2

さくら学院に関連する記事

人気タグ

新着記事