【元さくら学院】飯田來麗|卒業後はドラマや舞台で活躍中!
さくら学院に初期メンバーとしてグループの基礎を築いてきました。卒業してからは、ドラマや舞台など様々なところで活躍をしています!今回はそんな飯田來麗さんについて紹介していきます!

更新: 2018/3/2

飯田來麗さんのプロフィールは?

さくら学院卒業メンバーである飯田來麗の誕生日は、1998年4月9日、出身地は東京都、身長は159cm、血液型はO型です。さくら学院を卒業したのは2014年3月30日でした。 さくら学院では2012年度生徒会副会長、2013年にはパフォーマンス委員長を務めた他、さくら学院のクラブ活動ユニット初代ミニパティのメンバーとして堀内まり菜と杉崎寧々とともに活躍しました。この他にもバトン部「Twinklestars」や帰宅部の「sleepiece」のメンバーとして活動しています。 さくら学院卒業後もアミューズに所属しており、島ゆいか結成したユニット「スピカの夜」で3つのシングル曲を発表しており、女優業にも力を入れています。 最近になってさくら学院のファンになった方は、名前の読み方がわからないかもしれませんよね。説明すると「飯田來麗(いいだらうら)」と言います。大変珍しい名前ですが、目や鼻などのパーツがはっきりしていて口元も上品で美しいことから、さくら学院転入時から「美少女」と呼ばれており、現在でもその美貌は健在です。

飯田來麗さんのさくら学院での活躍は?

飯田來麗が転入したのは2010年4月のことでした。さくら学院結成時のメンバーであり、同年12月に発表したシングル「夢に向かって・Hello!IVY」でメジャーデビューを飾りました。現在のクラブ活動であるバトン部や帰宅部、パフォーマンス委員長に加えて、ミニパティを初代メンバーとして活動するなど、現在のさくら学院のベースとなりました。 特筆すべき活動が、ミニパティです。5月6日発売の「ピュアピュア(pure2)」で活動開始、現在では恒例となったTIF(東京・アイドル・フェスティバル2010」の制作発表会に出演、第一弾楽曲となる「夢に向かって」を発表しました。同年8月17日にはニコニコ動画にて公式チャンネルを開設、横浜の観光名所「赤レンガ倉庫」にて初の単独ライブ「さくら学園祭り2010」を開催しています。2014年の卒業までにさくら学院メンバーとして7枚にシングル、4枚のアルバムを出すなどの目覚ましい活躍を果たしました。 初代メンバーの重責を担った飯田來麗らは、2014年3月30日渋谷公会堂にて「さくら学院2013年度卒業」イベントを開催し、メンバーやファンらと涙ながらの別れを告げました。

飯田來麗さんはドラマや舞台で活躍している!

飯田來麗の卒業後の活躍が気になりますよね。2014年3月30日の卒業するとドラマやバラエティ、映画、舞台などで活躍を始めています。 ドラマではABC放送にて2015年10月18日から12月20日に放送された「チアドル」で佐藤春遥役を演じており、演技力の高さも見せています。翌年には2016年7月17日~9月11日に放送されたTBSドラマ「仰げばと落とし」では門脇來麗役を担いました。この他にも不定期放送されている人気ドラマ「世にも奇妙なもの語り2016秋の特別編シンクロニシティ」において、奇妙な出来事に巻き込まれた逸見栄子の高校生時代を演じています。 2017年4月29日の~5月7日にまで公演された舞台「スパイスアップ・ナイトパレード」の夏(ルージュ)役を皮切りに、同年9月16日~同月24日まで公演された「アルカナ・ファミリアEpisode3幽霊船の秘密」でフェリチータ役を、さらに10月12日~11月5日まで「劇飯Episode06「LoveRevolutionNO1」で喜屋武ななみ役を演じるなど出ずっぱりの活躍を続けました。 2017年2月13日放送された「スカッとジャパン」では迷信を信じすぎるパパ(藤井隆)に翻弄される娘を演じるなど、女優としても着実に成長しています。
次ページ:
飯田來麗さんはアイドルユニットでの活躍もしているなど
1 / 2

さくら学院に関連する記事

人気タグ

新着記事