山出愛子はさくら学院の生徒会長として活躍中!今後はソロで新たな挑戦へ
さくら学院の小出愛子さんは現在、生徒会長を努めています。さくら学院の活動に加えて、ソロの活動にも力を注いでいます。今回はそんな小出愛子さんいついて詳しく紹介していきます!

更新: 2018/3/2

山出愛子さんのプロフィールは?

さくら学院現メンバーの山出愛子の誕生日は、2002年12月1日、出身地は鹿児島県、血液型はO型です。 メンバーからは、あいこ、あいこちゃん、あいこー、愛子様と呼ばれており、タレ目がちなフェイスが可愛らしいですよね。 山出愛子がさくら学院に入ったのは、2013年5月5日の「さくら学院2013年度転入式」でした。2014年~2015年までバトン部「Twinklestars」、2015年からはクッキング部「ミニパティ」で活躍しており、2016年には生徒会副会長に就任、2017年には生徒会長として頑張っているんですよ。 芸能会入りしたきっかけは、2011年9月25日に開催された「第一回かごしまCMスタープロジェクト」でした。アメリカンホームダイレクトのアメリちゃん役に合格しています。当時のCM動画を見ると「おしえてアメリちゃん」と声をかけると「アメリちゃんホームダイレクト!」と元気よく話す小学生の山出愛子がとっても可愛いいんですよ。その後「被害氏日本大震災復興支援チャリティーシングル「アメ・ハレ・チュチュ」鹿児島県限定販売しており、ファンにとってはレアアイテムです。 アミューズに所属したきっかけは、2012年のキッズモデルファッションショーを見学中でスカウトでした。山出愛子は、当時から持っていたんですね。

山出愛子さんの特技はピアノ!

山出愛子は、4歳の頃からピアノを学んでおり、実力もなかなかのものなんですよ。 2014年3月9日開催された「歌の考古学2013」では、大好きなアーティストである松田聖子の「瑠璃色の地球」を熱唱、しっとりした歌声にファンたちはうっとりしました。翌年の「歌の考古学2014」ではさくら学院の「ちゃんと愛を届ける」という校則に基づき、なんとXJAPAN「ForeverLove」を披露するなど、歌に対する積極的な姿勢が見えますよね。 さらに訪れた東京下北沢で開催された2017年9月16日サーキットイベント「TOKYOCALLING2017」では、ピアノの弾き語りを披露しました。ピアノの弾き語りに求められる歌唱力ですが、山出愛子はさくら学院でも歌がうまいことでも知られています。また2017年7月からさくら学院と並行してソロ活動も展開していて同月24日のイベント「ハッピーアイスクリーム(渋谷7th FLOOR)」では、作詞作曲を担当したオリジナル曲の弾き語りを披露するなど、多くのファンたちをうっとりさせました。 将来の夢はシンガーソングライターという山出愛子ですが、着実に成長してほしいですよね。

山出愛子さんはハーフなの!?

山出愛子は、大きなクリクリした二重をしているので、まるでハーフのように見えてしまいますよね。小学生の頃に出演したアメリカンホームダイレクトのアメリちゃん役のCM動画を見ると、やっぱり可愛らしい顔をしているのでハーフと思われる方もいるようです。でも山出愛子はハーフではありません。出身地が鹿児島県ということもあって目鼻立ちがはっきりしているようなんです。 当然ですが、さくら学院加入当初は、ファンからすごい美人が入ってきたと話題を呼びました。当初は幼さを感じさせる可愛らしい印象でしたが、成長するに連れてしっかりした表情に変わってきましたよね。可愛いとスタイルも思いのまま、ツインテール風のヘアスタイルも似合うし、セミロングも似合うなんて反則!と言いたくなります。変わらないことと言えば笑顔の可愛らしさなんですよ。笑うと目頭が下がるのでタレ目がちになりますが、とっても可愛らしく見えるんですよね。歌を歌っているときに見せる笑顔も素敵ですし、そこにいるだけで存在感があります。今では山出愛子はさくら学院の美人生徒会長としてメンバーたちを引っ張っています。
次ページ:
山出愛子さんは空飛ぶアイドル!?など
1 / 2

さくら学院に関連する記事

人気タグ

新着記事