【小西杏優】つりビット最年少のスポーティーな少女!
「釣り」をテーマにした異色のアイドルグループの「つりビット」。そのグループに所属するのが小西杏優さんです。小西杏優さんはメンバーの最年少でスポーティな少女。そんな彼女のつりビットでの活動を振り返っていきます。

更新: 2018/2/21

小西杏優さんのプロフィール

名前:小西杏優(こにし・あゆ) ニックネーム:あゆたん 生年月日:2001年4月30日 釣りたい魚:鮎 所属:シュガーアンドスパイス 役職:ダンスリーダー 特技:ジャズダンス、ピアノ イメージカラー:グリーン
「あゆたん」の愛称で知られる小西杏優(こにし・あゆ)さん。生年月日は2001年4月30日生まれで、つりビットの最年少メンバーです。イメージカラーはグリーンで、シュガーアンドスパイスという芸能事務所に所属しています。 つりビットでの役割はダンスリーダーです。特技にもジャズダンスを挙げており、ヒップホップダンスとクラシックバレエも習っていました。小西杏優さんは、メンバーのなかでは一番ダンスが得意と言われています。なりたい魚は名前からとって「鮎」で、苦手な食べ物はトマトです。スポーツが大好きな運動少女ですが、体育測定のハンドボール投げでは7メートルしか飛ばなかったこともあると、よく笑い話にしています。

小西杏優さんの出演作品

<音楽>シングル:真夏の天体観測、バニラな空、踊ろよフィッシュ、不思議な旅は続くの <音楽>アルバム:フィッシングライフ、ブルーオーシャンフィッシングクルーズ <公演>つりの恩返し、赤坂サカナ、夏の終わりの爆釣り感謝祭 <ネット配信>つりビットの今夜も大漁でSHOW <CM>Hapyson(釣具メーカー) <TV>つりビットとこうかん日記
つりビットの最初のシングルになったのは真夏の天体観測です。2013年7月に発売され、音楽チャートの最高順位は86位でした。2枚目のシングル「バニラな空」は、1枚目が夏をテーマにしたのに対して「冬」をテーマにした楽曲です。以降も楽曲を制作していき音楽チャートもどんどんと上昇していきました。そして8枚目のシングル「Chuしたい」でついに5位という最高順位を獲得します。 音楽チャートがよくなるとメディア露出も増えて、CM「Hapyson」やテレビ「つりビットとこうかん日記」の出演も続いています。

小西杏優の現在とは?

小西杏優さんがアイドル活動を始めたのは2013年です。釣りに打ち込むアイドルグループ「つりビット」に参加することでスタートしました。つりビットというグループ名は「釣り」と「ビット(最小単位)」を掛けた造語で「釣り人」にも掛けています。 2017年の活動は配信限定のシングル「マイビクトリー」の配信で始まりました。ワンマンライブをこなして4月に入ると、セカンドアルバムの「ブルーオーシャンフィッシングクルーズ」が発売されます。そしてライブツアーがはじまって福岡から新潟、大阪、愛知、東京などを精力的に回りました。 2017年の最後には爆釣りパーティーIN白金高輪」が開催されて、つりビットと小西杏優さんの一年のスケジュールはほぼ終わります。
次ページ:
小西杏優さんはシュガーアンドスパイスに所属など
1 / 3

人気タグ

新着記事